2ch飯ちゃんねる

主に食べ物、飲み物、料理、ダイエット、健康、生活に関する2ch.sc open2chのまとめをしております。

  • Twitter
  • RSS

    スポンサードリンク

    納豆

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    f14f50e568de7d0b9e584982317e1d5c_s


    1::2018/10/27(土)14:48:09 uON
    旨味が全く違うから
    【納豆を100回以上かき回さずに食べてる奴は人生100%損してるぞ】の続きを読む

    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1::2018/10/14(日) 17:28:04.30 ID:C72x/Tca0.net
    2018年10月10日、観察者網によると、スウェーデンで今月末、「気持ち悪い食べ物」を展示する世界初の博物館が3カ月限定でオープンする。
    陳列される約80点のうち、最多を占めるのが中国の食べ物だそうだ。

    博物館の開設先は同国南部に位置するマルメ。
    世界中から集められた展示物には日本の納豆もあり、中国からはピータン、臭豆腐、ウサギの頭を使う麻辣兔頭、ネズミの赤ちゃんを漬ける老鼠酒などが選ばれた。
    この他、臭さで知られるスウェーデンのシュールストレミング、東南アジアのドリアン、グアムのコウモリの丸焼き、メキシコのアリの卵、インドネシアのネコの糞から採られるコーヒー豆「コピ・ルアク」なども陳列される予定。
    展示物は臭いを保つために医療用容器に入れられるという。

    館長のSamuel West氏によると、この博物館の目的は「文化の違いに対する人々の思考を引き出すこと」で、
    同氏は「ある文化的背景を持つ人にとって気持ち悪い食べ物が、別の文化を持つ人には美味になることだってある」とコメント。
    さらに、「『持続可能な』タンパク質の源をみなさんに試してみてほしい」と昆虫を食用とすることへの関心も呼び掛けている。

    中国のネットユーザーはこのニュースに数多くのコメントを寄せており、「ピータン?あんなにおいしいのに」「ピータンのどこが悪い?」
    「なぜドリアンが?」「よだれが出ちゃった」「入場券は試食代込み?」などの声が聞かれた。

    スウェーデンに「気持ち悪い食べ物博物館」、中国から最多、日本のアレも選ばれる―中国メディア
    https://www.recordchina.co.jp/b652152-s0-c30-d0063.html

    【スウェーデンで「気持ち悪い食べ物」を展示する世界初の博物館がオープン。ピータンや納豆などが選ばれる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    c6c5176f023d2c9043d4e14514a1dadf_s


    1::2018/09/23(日) 18:28:00.37 ID:0.net
    からだにいいか?
    【納豆毎日食べていいか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1::2018/09/10(月) 20:07:39.268 ID:mbMRCh3Da.net
    3000円しかないからその範囲で頼むぞ!

    >>10

    >>15

    >>20
    【【画像】安価で今日のご飯作る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    360a1658dfff005f8c4cd3823bc1ffc7_s


    1::2018/09/12(水) 17:38:17.37 ID:PYMb/5JT0.net
    焼肉のタレやな
    【1番美味しい納豆の食べ方】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1::2018/08/29(水) 12:32:12.66 ID:b5NVZA8KdNIKU.net


    日本人のソウルフードともいえる食材といえば、納豆である。いまや納豆は日本だけの食べ物ではなく、欧米でもヘルシーで美味しい食材として人気を博している。
    皆さんのなかにも、毎日のように食べている人もいるのではないだろうか。

    ・納豆に生卵を入れて食べると美味しい?
    そんな納豆の食べ方として、生卵を入れる手法がある。黄身だけを入れる人もいれば、黄身と白身を入れる人もいる。
    しかしこの食べ方、絶賛している人もいれば、否定している人もいる。そこで今回、「納豆と生卵を混ぜて食べるのはアリ? ナシ?」というアンケート調査を実施。
    200人の老若男女にアリかナシか調べてみた結果が以下である。

    ・納豆と生卵を混ぜて食べるのはアリ? ナシ?
    アリ 134票(67%)
    ナシ 66票(33%)



    ・アンケート回答者の声
    「アンパンに牛乳くらいのド定番な取り合わせ」
    「ありだけどあんまり入れちゃうと納豆の粘りが無くなっちゃうんだよね」
    「なし 生卵かけご飯で十分で納豆いらない。生卵がない時と飽きた時だけ納豆を食べる」
    「一人分ならウズラの卵だけど、そのためだけにウズラの卵を買うってのもね」
    「アリだけど、卵かけご飯にしてから納豆かけて食べるのが好きだな~」
    「納豆に醤油を入れるのがアリかを聞くレベル」
    「なめ茸入れてもうまいよ」

    ・意外にも多くの人がナシ
    なんと、約30%の人たちが「納豆に生卵を投入する食べ方はナシ」と考えていることが判明した。
    ちなみに「実際に納豆に卵を混ぜて食べてみたけど気持ち悪くなった」という作家もいた。皆さんは、納豆に卵を入れて食べるのはアリだろうか? ナシだろうか?
    【納豆に生卵を投入する食べ方は気持ち悪い? 約30%の人が「納豆に生卵はナシ」だと思っている事が判明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1::2018/06/29(金) 18:07:33.39 ID:SD/fhiKE0.net BE:194767121-PLT(12001)
    Dg1X4YdVAAAeLkO
     

    ツイッターから生まれた異色のコラボ商品「セガのたい焼き『大粒納豆』」発売決定
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1130385.html
    【たい焼きより大判焼きの方がアンコ充実してて美味しくないか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1::2018/06/20(水) 15:19:51.64 ID:CAP_USER9.net
    カルビーは20日、別添の納豆フレークをポテトチップスにかけて食べる新商品「ポテトチップス 納豆好きのための納豆味」を25日から全国のローソンで数量限定発売すると発表した。

     からし醤油味をイメージした醤油味のポテトチップスに、別添の納豆フレークをかける。納豆のネバネバした素材感や本格的な風味が楽しめ、噛めば噛むほど納豆味が感じられる。

     2016年に別添のかつおぶしをかける「かけて食べるポテトチップス お好み焼き味」をローソン店舗限定発売。“かけて食べる”というコンセプトが好評を博し、第2弾の開発に至った。

     着目したのが「納豆」。ネバネバの食感が楽しめ、パリッとしたポテトチップスとも相性が良いため、7月10日の「納豆の日」を前に発売が決定した。

     開発担当者は「納豆味のポテトチップスは初めての試みで、納豆とチップスの味や適切な量の選定等、試行錯誤を繰り返し20以上の試作品を作りました。納豆フレークをかけるチップスの味は
    納豆に合う辛子とだし醤油のタレをイメージして仕上げました。私自身、納豆のタレが大好きなのですが、実はこのチップスも納豆フレークをかけずにそのままでも美味しいんですよ。ぜひ納豆フレークを
    かける前に、チップスを一口味わってみてください。お客様のお好みで納豆フレークの量を調節しながら味わっていただくなど、ポテトチップスと納豆という異色の組み合わせの面白さと美味しさを
    楽しんでいただけたらと思います」と話している。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000113-spnannex-ent

    【カルビー「ポテトチップス 納豆好きのための納豆味」発売!25日から 試作品20以上の試行錯誤】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:  2018/06/12(火) 09:24:02.25 ID:CAP_USER9
    2018.06.10
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/230892
    no title


     納豆の産地といえば水戸、水戸といえば納豆だが、水戸市内の納豆消費金額は意外にも全国トップではなく、3位に甘んじている。もしや水戸市民は納豆が嫌い? 水戸市役所の担当者を直撃すると……。

    「水戸市は総務省家計調査で2013年と2016年に全国1位を獲得しましたが、おっしゃる通り2017年は全国3位。水戸市はランキング上位の常連ながら、福島市(2014・2015・2017年)や盛岡市(2012年)に1位を譲ることが多いんです」
     福島や盛岡には、納豆に結びつくイメージはない。この2市は、なぜ納豆の消費量が多いのか。
    「水戸市ではシンプルに納豆ご飯で食べることが多いのに対し、福島市をはじめとする東北地方では納豆料理のバリエーションが多彩。それが家庭での消費金額の差に表れているのだと思います」

     福島や盛岡では、納豆が料理の主役で、水戸ではご飯の供、つまり脇役。これでは、消費は伸びないのも納得だ。
     そこで水戸市では、地域の月刊誌に納豆料理のレシピを紹介したり、市内の納豆料理提供店マップを作ったりして納豆消費を増やすのに懸命だ。16年度は、列車内で納豆ご飯を味わえる「納豆列車」の運行などのイベントに力を入れた甲斐あって納豆消費金額1位を奪還したが、翌年は王座転落だ。

    「3位は残念ですが、ここ数年のPR活動が実を結び、市内には少しずつ納豆を通した連携の輪が広がっていることを実感しています。これからもより多くの関係者を巻き込みながら、効果的な情報発信を行っていきたいと思います」
     納豆支出金額日本一だけにこだわらず、本来の「納豆のまち」としてのイメージアップも忘れないでやっていくという。
     水戸に「納豆のまち」のイメージができたキッカケは、明治時代に開業した水戸駅の駅前広場で「藁苞(わらつと)納豆」の販売が始まったことによる。その後、偕楽園の“観梅列車”の乗客らの間で水戸土産として評判になり、全国区の知名度を得た。
     つまりイメージ先行。真の「納豆のまち」になるにはさらなる市民の努力が欠かせないのだ。

    引用元: ・【料理の脇役】納豆名産地の水戸が消費額日本一じゃない理由が判明

    【納豆名産地の水戸が消費額日本一じゃない理由が判明 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    798f4159



    1::2018/05/24(木)14:33:22 eUd
    東北じゃ餅界の4番バッターやで
    【ワイ将、納豆餅が全国区じゃないと知る】の続きを読む

    このページのトップヘ