2ch飯ちゃんねる

主に食べ物、飲み物、料理、ダイエット、健康、生活に関する2ch.sc open2chのまとめをしております。

  • Twitter
  • RSS

    スポンサードリンク

    外食

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    food-3232548_960_720


    1::2018/05/14(月) 19:03:02.56 ID:0.net
    なんであんなに食えるの?
    【大食いできる人の胃袋ってどうなってんの?】の続きを読む

    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:  2018/05/15(火) 11:42:33.54 ID:CAP_USER
    ITmedia ビジネスオンライン 2018年05月14日 15時21分 公開
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1805/14/news103.html
    シーザーレタス牛丼(並盛)
    no title

    シーザーレタスカレー(並盛)
    no title


     すき家は5月16日(水)からレタスをたっぷり使用した「シーザーレタス牛丼(並盛)」
    (500円、税込、以下同)と「シーザーレタスカレー(並盛)」(640円)を発売する。

     レタス、グリーンリーフ、赤パプリカ、角切りのベーコンに、すき家オリジナルのシーザーソースや
    複数のチーズなどを加えることで、シャキシャキした食感と独自の風味を実現した。

     新作のレタス牛丼やレタスカレーは6月中旬~下旬までの期間限定販売となるが、
    開発の背景にあるのはすき家が近年強化している健康路線があった。


    健康志向を強化する背景

     すき家は2017年に低糖質(ロカボ)がお客に支持されると判断し、「ロカボ牛麺(490円)」と
    「ロカボ牛ビビン麺(590円)」を発売している。いずれもコンニャク麺を使用することで、
    糖質の量を抑えているのが特徴だ。似たようなコンセプトの商品に、ご飯の代わりに豆腐を利用し、
    たっぷりの野菜を載せた「牛丼ライト」(お肉並盛で430円)があるが、「いずれも想定以上売れている」
    (すき家を運営するすき家本部広報担当者)。

     健康を重視する姿勢はメニュー構成からも見て取れる。レタス牛丼投入に伴い刷新する新メニュー表を見ると、
    やたらと「健康」「サラダ」の文字が目に飛び込んでくる。客単価を上げる狙いもあるのだろうが
    「シーザーレタス豚丼(並盛)健康セット」(720円)や「かつぶしオクラ豚丼(並盛)サラダセット」
    (660円)などが「おすすめメニュー」として大きく取り上げられている。

     丼やカレーにセットで提供するサイドメニューには「健康セット」(190円)もある。また、
    今回のレタス牛丼登場に伴って、サラダのメニューに「シーザーレタス」(150円)が新しく加わる。

     このように、すき家のメニューにおける「健康系」商品の存在感は増している。


    女性だけでなく男性の需要に応える

     レタス牛丼は通常の丼より底が浅く幅が広いボウル状の器に盛り付けられている。レタスの存在感を
    増すための工夫であり、男性客が多いすき家が女性客を獲得するための戦略的商品のように思えるが
    「女性だけでなく、幅広い層に訴求したい」(同社広報)という。

     すき家が健康系商品を強化する背景には何があるのだろうか。ある大手小売りチェーンでは、
    20~40代のビジネスパーソン向けの商品開発を強化しており、「脱メタボ」をキーワードにしている。
    肉体労働をするお客には「ボリューム」は訴求ポイントになるが、体重を気にする女性や男性のお客を
    取り込むには「健康」を意識しないといけないと考えている。

     すき家の店舗の半分以上は郊外にあり、ファミリー層が多く訪れる。健康志向の強い母親だけでなく、
    体重を気にする父親にもサラダ牛丼は支持される商品になりうると考えているに違いない。

     かつて、吉野家は「腹ごしらえを、しよう」というキャッチコピーで、肉体労働者をイメージさせる男性が
    登場する広告を出した。しかし、近年は具が野菜中心の「ベジ丼」や「ベジ定食」を相次いで投入しており、
    健康志向を強めている。

     すき家が発売するレタス牛丼のような「健康まっしぐら」な健康メニューは、ほかの大手牛丼チェーンでも
    広がっていくだろう。

    引用元: ・【外食】すき家の新作牛丼 狙いは「健康まっしぐら」(5/16販売予定)

    【すき家 「シーザーレタス牛丼(並盛)」(500円)と「シーザーレタスカレー(並盛)」(640円)を期間限定発売 想定以上に売れる健康志向を強化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1::2018/05/18(金) 20:44:53.41 ID:zKO88x39r.net
    gyoza_west_jp

    もう吉野家並に普及させろや
    ファストフード感覚で毎日通うで
    【【朗報】王将の餃子、美味すぎる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    e538dae4be6503ced0bf9f0d4f2d1423_s


    1::2018/05/08(火) 10:55:22.04 ID:0.net
    他にもいろんなご当地うどんがあるけどどうして讃岐うどんだけがメジャーになったの
    【うどんの中でどうして讃岐うどんだけが人気になったの】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


    1::2018/05/15(火) 19:34:43.12 ID:b1xyatagd.net
    もうすき家の利点無いじゃん
    【【朗報】松屋、「旨辛チーズポテト牛めし」を643店舗限定にて発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    0516_sogyosai1st_billboard_w717h502


    1::2018/05/16(水) 14:00:47.74 ID:KUErAnfi0.net
    くら寿司もうまいけどここはサイドメニューが優れてる
    【回転寿司は結局スシローが一番うまいね】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    640x640_rect_67912341


    1::2018/05/15(火) 01:08:34.630 ID:CNhMRS/60.net
    幸楽苑みたいな感じの

    お前らは多分こってり派だと思うから
    わからないとおもうけど
    【あっさりしたラーメンが好きなんだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: :2018/05/10(木) 20:29:11.98 ID:iBJ+Odfv0.net
    仙台牛タン

    【【画像】旅行先で食べて美味しかったもの貼ってくよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:  2018/05/06(日) 17:44:04.18 ID:CAP_USER
    東洋経済 ONLINE 2018年05月06日
    https://toyokeizai.net/articles/-/219421
    eat-warm-940634_960_720

     食事をしたり、サービスを受けたりした時、誰もが心の中に「もったいない」とか「元を取りたい」という
    気持ちを持っています。例えばランチブッフェ(ここでは「立食」よりも「食べ放題」の意味で使います)が典型例です。

     もし注文したら「同じおカネを払ったのだから少しでもたくさん食べなきゃ損だ」と考えるのは自然なことです。
    ところがランチブッフェではまずほとんどの場合、元を取ることはできません。その理由はどうしてなのでしょうか。

    「食べ放題」が好まれる3つの理由とは?

     ランチブッフェというのは、多くの人に人気があります。その理由は(1)決まった料金で好きなだけ
    食べられるからお得感がある、(2)好きな物が好きなだけ食べられる、(3)いろいろ種類がたくさんあるので楽しめる、
    といったところにあるのでしょう。

     確かに目の前にごちそうが並んでいると、あれもこれも食べたくなるという気持ちはよくわかります。
    例えば料金が2000円だったら、絶対2000円以上食べて元をとってやろうという気持ちにもなりがちです。
    その結果、お腹が一杯なのについ無理して食べ過ぎてしまうということは、よくあることです。

     ところが、相手も商売です。当然、自分のところが儲からないような価格設定にはしていないはずです。
    例えば最もシンプルでわかりやすいのは「ドリンクバー」です。通常、ファミリーレストランなどでは
    ドリンクバーはだいたい200~300円ぐらいの価格ですが、原価はせいぜい5円~15円程度だと言われています。

     これで元を取ろうと思ったら20杯も30杯も飲まなければならないわけで、これはどう考えても無理です。
    ランチブッフェの場合は、これに加えていくら大食いの人がたくさん食べても絶対に元は取れない構造に
    なっているのです。

     そもそも飲食店のコスト構造は、固定費と変動費から成り立っています。店を開けたことで、
    お客さんが1人もこなくてもかかるのが固定費(家賃や光熱費等)、来た人数分に比例してかかるのが変動費
    (食材費等)です。したがってお客が1人も来なければ固定費分がまるまる赤字です。お客が1人来れば
    (1人当たりの料金-変動費)だけ赤字が減ります。したがってたくさん来れば来るほど、儲けは多くなります。


    (続きは記事元参照。全2ページ)

    引用元: ・【東洋経済】「ランチ食べ放題」で客が元をとれないワケ なぜ「得するのは、むしろ店側」と言えるのか

    【「ランチ食べ放題」で客が元をとれないワケ なぜ「得するのは、むしろ店側」と言えるのか 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (禿) [KR] 2018/05/12(土) 12:24:54.42 ID:mob5HrE60 BE:932354893-PLT(12931)
     
    飲食店の売れ残りを格安で入手できるサービス「TABETE」が正式リリース 早速ワンコインで弁当を買ってみた

    日本で1年間に食料廃棄処分される食料は621万トン。
    「フードロス」が問題視される中、廃棄せざるを得ない食事とユーザーをマッチングさせるフードシェアリングサービス「TABETE」が4月下旬、正式にリリースされた。

    同サービスを提供するのは、フードシェアリング事業を行うコークッキング。
    ロスが発生しそうになった登録店舗が食品の情報を「TABETE」に掲載する。
    その情報を見た一般ユーザーが食品をネット上で購入し、期限までに店頭に取りに行き”レスキュー”するというものだ。

    正式にリリースから約1週間後の5月8日現在、登録店舗数は東京近郊の飲食店約110店舗で、ユーザー登録数は約1万5000人。
    1日平均3食前後、合計70食程度レスキューされているという。

    ■弁当、居酒屋メニューにケーキまで! 出品数は夕方~夜にかけて増える傾向

    公式サイトをキャプチャ
    no title


    筆者も同サービスに登録し、レスキューを試みた。
    登録料は無料で、購入する際は事前にクレジットカードで支払う。
    平日16時頃に公式サイトを確認すると、3店舗の「レスキュー待ちの商品」が掲載されていた。

    六本木にあるヴィーガン料理の「Veganic to go」からは有機イチゴのカスタードタルト、表参道の「ハラカラ。南青山店」からはオニオンリングが出品されていた。
    仕事帰り、夕食を手に入れたい筆者は、人形町のカレー屋「バシカレ」のタンドリーチキン弁当を選択した。

    価格は通常650円のところ500円のワンコイン。
    店舗側は出品理由として「雨で売れ残りが多く、賄いで食べるには多すぎるのでどなたかお願いします!」とコメントしている。
    店側が指定した引取予定時間も22時までだったのが、ありがたかった。

    購入時に入力した情報は「引取予定時間」「個数」「メー◯アド◯ス」「クレ◯ット◯ード情報」のみ。
    手続きは簡単だ。すぐ注文詳細が記載されたメールが送付された。

    https://news.careerconnection.jp/?p=53903

    引用元: ・【半額シール】飲食店の売れ残りを格安で入手できるサービス「TABETE」が正式リリース

    【飲食店の売れ残りを格安で入手できるサービス「TABETE」が正式リリース 】の続きを読む

    このページのトップヘ