2ch飯ちゃんねる

主に食べ物、飲み物、料理、ダイエット、健康、生活に関する2ch.sc open2chのまとめをしております。

  • Twitter
  • RSS

    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1::2019/02/18(月) 14:50:25.03 ID:WZ5Nlc61H.net


    1時間並んだわ
    【【画像有】日本一美味いとんかつ屋に来たンゴ】の続きを読む

    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1::2019/02/18(月) 13:25:49.39 ID:0.net
    ラーメン「一蘭」、開発に20年「100%とんこつ不使用ラーメン」の狙いとは



    一蘭「100%とんこつ不使用ラーメン」

    とんこつラーメンの一蘭が豚を使用しないラーメンを発売する――。そんなニュースが駆け巡ったのは昨年末で、早くも大きな話題となっている。

    拡大する訪日外国人客への対応を図るため、同社は要望の多かった「100%とんこつ不使用ラーメン」専門店の出店に至った。
    開発プロジェクトメンバーの鶴巻英志氏は、「既存の『天然とんこつラーメン』に並ぶ、またはそれ以上の味を作ろうと試作を重ねた自信作。
    『一蘭』の新たな起爆剤として多くのインバウンド客を呼び込みたい」と強調する。2月28日の専門店オープンを目前に控え、同店への思いを語った。

    〈「“天然とんこつラーメン”の味に並ぶまでは提供しない」決意で研究〉
    ――とんこつ不使用ラーメンの開発経緯と狙いを。

    国内外79店舗を展開する「一蘭」は、1993年の創業以来、豚の骨100%から作るスープに自家製麺を使った「天然とんこつラーメン」一本のみを看板に運営してきた。

    宗教上の理由から豚を口にすることができない人や、アレルギーなど諸事情によって豚が食べられない人から「一蘭のラーメンを食べたい」という声は、
    以前から多かった。年々増加する訪日外国人客もターゲットに含め開発したのが、豚とアルコールを一切使用しない「100%とんこつ不使用ラーメン」で、
    既存の「天然とんこつラーメン」の味に並ぶか、それ以上の味になるまでお客様には提供しないと決意し、研究に研究を重ねた。

    スープは鶏をはじめ様々な食材を混ぜ合わせた一蘭独自のスープで、コクと深みのある味わいに仕上げた。
    これまで培ってきた技術を応用し、おいしいラーメンを作ることは簡単だが、こだわったのはとんこつを使用せず、
    いかに一蘭のとんこつラーメンの味に近づけるかで、開発に20年の歳月を要した自信作だ。

    トッピングは、豚チャーシューの替わりに、牛バラを柔らかく煮込んだオリジナルの「牛弥郎(ぎゅうやろ)」を添えた。
    「牛弥郎」以外のトッピングは既存品と同様で、特製の辛み調味料「赤い秘伝のたれ」はアルコール不使用品を新たに開発した。
    スープ、トッピング、自家製麺など全ての食材を「天然とんこつラーメン」同様、当社工場(九州・横浜)で製造している。
    食材にこだわったことで価格は、既存品より290円高い税込み1180円。価格に見合う「価値」を感じて貰える商品に仕上がったと自負している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00010000-ssnp-bus_all
    【ラーメン「一蘭」が「100%とんこつ不使用ラーメン」を発売 宗教やアレルギーで豚を食べられない人を対象 1杯1180円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    peanuts-3188500_960_720


    1::2019/02/18(月) 15:01:56.347 ID:0uXhtbBor.net
    寿司に塩
    【塩厨「てんぷらに塩」「そばに塩」「焼き鳥に塩」「とんかつに塩」←あと一つは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4d90c1973f056ae9a995a52a7b81fff3_s


    1::2019/02/16(土) 21:29:11.39 ID:orhs/Befa.net
    六厘舎だろうが三田製麺所だろうがその他の無名ラーメン屋だろうが味一緒やろアレ
    よう食うなあんなん
    【魚介系の濃厚つけ麺ってどこで食っても味一緒だよなぶっちゃけ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1::2019/02/14(木) 07:00:39.90 ID:0.net
    明治ストロベリーチョコ?森戸カレドショコラ?
    明治 ストロベリーチョコレートBOX 120g×6個
    【スーパーで売ってる安いチョコで一番美味しいの何?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (東日本) [JP] 2019/02/17(日) 10:51:49.08 ID:NuUSsOzl0 BE:837857943-PLT(16930)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
    ■メジャー新人投手の“お接待”から爆発
    ハイチュウは、1975年に発売し、日本では40年以上にわたって愛されてきた。アメリカで正式に販売開始したのは2008年のことだ。

    「初めはハワイで日本人観光客向けに発売したが、現地の人々から好評を博し、本土での展開を始めました」

    そう語るのは、ハイチュウを製造する森永製菓の新井徹社長だ。

    実は約20年前にもテストマーケティングを行ったが、その際は「甘さ」「大きさ」「色の派手さ」が足りないと不評だったという。しかし、寿司が世界中で
    受け入れられたように、ここ十数年で、ローカルな味の好みに合わせずとも、固有のものとして受け入れられるようになった。「食感や細かな味の違いを
    理解する人が世界中に増えたという実感があります」。

    しかし、販路の確保には苦心した。日系チェーンやスーパーの「アジアンコーナー」では安定的に売り上げが伸びたが、醤油の隣に置かれていることもあった。
    キャンディー売り場に置いてもらうことすら当初は難しかった。

    アメリカでのブームの火付け役となったのは、当時メジャーリーグのボストン・レッドソックスに所属していた田澤純一投手だ。「メジャーリーグには、
    ブルペンに入る一番若手の選手が飲み物と軽食を用意するという習慣があるそうで、田澤選手がハイチュウを置いたところ、ほかの選手たちから
    『毎回置いてほしい』との強い要望が出たのです」と振り返る。

    「しかも偶然、レッドソックスのアジア太平洋広報担当とご縁があって、プロモーションに助力してくれまして、ブームが巻き起こったのです」

    その後、レッドソックスやロサンゼルスのドジャース、エンゼルスなどとチーム契約を結び、宣伝の代わりに商品を提供したり、スタジアムでのサンプリングを行ったりした。

    「そこで自信をつけ、全米200校のハイスクールのスポーツクラブでのサンプリングをしました」。メジャーリーグでの人気をきっかけに、地元資本の店や
    ナショナルチェーンのバイヤーからも認められ、販路の拡大へ繋がった。今では、新聞スタンドやコンビニでも取り扱われる人気商品となった。

    https://news.goo.ne.jp/article/president/bizskills/president_27645.html
    ハイチュウの米国版
    no title

    引用元: ・ハイチュウ 米国でバカ売れ

    【【朗報】ハイチュウ アメリカでバカ売れ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    c1ef25cfe8151ad2be48eba113a55882_s


    1::2019/02/14(木) 19:14:25.357 ID:nQSSJTRt0St.V.net
    唐揚げうどんがないのふしぎ
    絶対美味しいんだよなぁ
    【天ぷらうどんやポテトフライうどんがあるのに唐揚げうどんがないのふしぎ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1::2019/02/17(日) 11:41:22.11 ID:G9MQcvcS0.net
    どうや

    【【画像】チャーハン作ったで!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1::2019/02/16(土) 18:40:48.178 ID:9JIRVyCma.net
    徒歩で来た
    お昼食べ損ねたのでスーパーぐーぺこちゃん
    とりまえず、ヱビスのグラス
    (´・ω・`)C凵 おつかれちゃーん

    【【画像】本格中華料理蘭に来ました@柏@柏】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    61kCrpwkGDL._SX342_


    1::2019/02/16(土) 20:19:10.365 ID:JJQ0aQAD0.net
    まじ神ウイスキー
    【ブラックニッカってウイスキー美味すぎだろこれ…】の続きを読む



    このページのトップヘ